初めての人でも大丈夫|香典返しのマナー情報

感謝の気持ちが伝わる

微笑む女性

電報を送る時には電話を使用するのが一般的でしたが、最近ではWEBを利用して贈ることも可能になりました。また、最近では想いが伝わりやすく、思い出に残るとして見直されており人気を集めているのです。

もっと読む

マナーについて知ろう

香典返し

香典返しは2、3千円

香典返しの平均相場といえば、香典として頂いた額の半分をお返しするのがマナーとして知られています。香典の額もそれぞれに違う金額だと思うので、香典返しもその金額に合わせて用意しなければいけません。しかし、お通夜やお葬式で頂く香典については、当日に返すなら2、3千円程度のものを用意しておくのが良いです。一般的に香典返しは喪明けに行うものですが、頂いた方一人づつにお返ししていくのも大変です。ですから、お葬式やお通夜で香典を渡していただいた方に、その場ですぐに香典返しをするのも一般的となっています。その場合、1人1人金額をチェックするわけにもいかないので弔問客すべて同じものをお返しするのが一般的となっています。

様々なルールやタブーがあるのが特徴

香典返しはタオルや食器などのずっと置いておくことが出来るものではなく、使ってなくなる消耗品を贈るのが特徴です。それは、不祝儀である香典返しは残さないほうが良い、という慣例からきています。また、お肉や魚などといった生物の命を頂く商品もタブーとされているので、それら以外を選ぶのが適切です。またお酒などの嗜好品も避けるべきと考えられているので、それら以外のものを選ぶのが良いです。一般的なのは海苔や砂糖などといった調味料、珈琲やお茶などといった普段から利用するものです。貰って困らないものを選ぶのが一番なので、カタログギフトなどを選ぶ人も増えています。香典返しを頂いた方が自由に選ぶことが出来るので人気となっているようです。

相手に喜んでもらう

フラワー

誕生日には様々なものがプレゼントされますが、その中でも花を贈ることで相手に喜んでもらえます。花を贈るにも種類や予算などがあるため、自分にできる範囲内でプレゼントするとよいでしょう。

もっと読む

プレゼントに最適な花束

香典返し

フラワーギフトはプレゼントに最適で、贈ることで感謝の気持ちを表現することができます。最近では生花以外にもフリーズドライのフラワーギフトもあります。それぞれに短所と長所があります。よく理解して選びましょう。

もっと読む